フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間 10:00~20:00(月~金)
     10:00~19:00(土日祝)
  • フィリピン留学センターのtwitter
  • フィリピン留学センターのfacebook
  • フィリピン留学センターのインスタグラム

フィリピン留学のおすすめ語学学校を詳しく解説!

留学を検討中の方向けにフィリピンの語学学校について紹介しています。留学先として大人気のフィリピンの概要、フィリピン留学のメリットおよびデメリット、おおよその費用などについて詳しく解説した内容です。目的別のおすすめの学校も紹介しているので、ぜひご一読ください。
フィリピン_語学_学校
「留学を検討しているけど、おすすめの国や学校ってあるのかな?」留学を考えるうえで、重要なのが国選びと学校選びです。英語圏の国はたくさんありますが、各国の特色や学習環境はさまざまです。そこでおすすめなのがフィリピンへの留学です。フィリピンは今や留学先の定番となっていますが、なぜ人気を集めているのかは分かりにくいですよね。
そこで今回は、フィリピンの概要、フィリピン留学のメリットおよびデメリット、フィリピン留学にかかる費用、留学中における学習のポイント、フィリピンのおすすめの語学学校の順にご紹介します。特に語学学校については目的別に紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

フィリピンってどんな国?

東南アジアの国で7,000以上の島で構成されている

フィリピン_どんな国
フィリピンは日本と同じく島国で、国を構成している島の数は大小7,000以上もあります。人口の割以上がキリスト教を信仰しており、信心深い国民性と言えます。また東京からはおよそ4時間30分-5時間で渡航できるので、日本から最も近い英語圏の国です。

概要

国名:フィリピン共和国
首都:マニラ
最大の都市:ケソン
人口:約1億99万人
通貨:ペソ (1ペソ=約2.1円)
時差:-1時間 (日本のほうが1時間進んでいる)

フィリピンの公用語はタガログ語

公用語はタガログ語ですが、小学校から英語を使った教育環境が整っています。そのため、高等教育(大学レベル)を受けたフィリピン人は、ほとんどの人が流暢な英語を話しています。その英語力は数値でも評価されており、東南アジアの中ではシンガポールに次ぐ高いレベルと言われているほどです。

有数のリゾート地として有名

フィリピンはリゾート地として世界的に有名な国の1つです。最も有名なのは「セブ島」で、美しい海と砂浜を目当てに世界各国から観光客が集まります。勉強だけでなくアクテビティも豊富なので、充実した海外生活が送れますね。

天候や気候が1年を通して穏やか

フィリピンは熱帯性気候に属しており、年間を通して温暖な気候が続きます。
◆3月〜5月:最も暑い時期
◆6月〜10月:雨季
◆11月〜2月:乾季
雨季と言っても日本の梅雨のように毎日降り続けるわけではなく、午後や夕方にかけて強い雨(スコール)がざっと降るような天気です。ただしセブ島は雨季と乾季がはっきりと分かれておらず、1年を通して過ごしやすい気候で知られています。

イメージよりも治安が良い

フィリピンの治安について、20年ほど前は都市部でもドラッグや麻薬関連の事件が多く報道されていました。今は以前より改善されており、一般的な日本人がイメージするよりも安全です。特に日本人留学生が集まる地域や、外国人の駐在者が生活するエリアは夜でも1人で出かけることが可能なレベルです。しかし日本とは違い、置き引きやスリなどの軽犯罪は依然として多いので、絶対にトラブルに巻き込まれないとは言い切れません。一定以上の緊張感を持った行動が必要です。

フィリピンに留学するメリット・デメリット

それでは続いてフィリピン留学に関するメリットおよびデメリットをご紹介しますね。

メリット

フィリピン留学_メリット_デメリット

コストが抑えられる

現地に行ってみると多くの日本人が、その物価の安さを実感するでしょう。目安ですが、フィリピンはおよそ日本の3分の1程度の物価と言われています。したがって必然的に語学学校の運営にかかる人件費も他の欧米諸国よりも低い傾向があるため、留学費用そのものが低く抑えられます。

マンツーマンレッスンの受講が可能

人件費の関係から、多くの語学学校でマンツーマンで英語レッスンが受けられます。他の英語圏の国では通常高額なため手が出せない個人レッスンですが、フィリピンならそのハードルが下がります。マンツーマンなら自分の思い通りの授業内容を組み立ててくれますし、目的に特化したカリキュラムで効率よくスキルアップが目指せますよ。

休みの日にはリゾートを満喫できる

フィリピンはアジア屈指のリゾート地ですが、ハワイなどの他のビーチリゾートほど費用がかかりません。1か月に3万〜5万ほどあれば週末や休日に魅力的なアクティビティを満喫できる環境があります。勉強以外の時間も充実したものになること間違いなしです。

デメリット

フィリピン留学_メリット_デメリット

食事のクオリティが低い

欧米ではまずありえませんが、フィリピンの語学学校では多くの場合、食事が提供されています。しかし学校によってそのクオリティにバラつきがあるので、満足できない可能性があります。

また、水については注意が必要です。水道水は基本的にそのまま飲めないので、ミネラルウォーターを購入することになります。

ネイティブな英語ではない

厳密にいえばフィリピンの英語はネイティブではないので、デメリットに感じる部分でしょう。しかし初心者の人にとっては、その違いを聞き分けるのは難しく、それほど気になる要素ではありません。

フィリピンの語学学校の格子は非常に高い英語力を保有していますし、その質が高いことで知られています。

フィリピン語学学校にかかる費用の内訳

フィリピン留学_語学学校_費用
それでは続いて、フィリピン留学にかかる費用の内訳をご紹介します。費用は期間や学校、コースにより大きく異なります。そこで今回は学費、生活費、その他の費用と3つに分けてご紹介しますね。

学費

語学学校(1か月)
入学金 約15,000円
授業料 13万-15万
教材費 約3,000円

語学学校にかかる費用は、冒頭にも言いましたが欧米諸国に比べると圧倒的に安いです。アメリカやカナダなどでは1か月でおよそ20万-30万円の費用がかかりますが、フィリピンならばほぼ半額で済みます。それでいて1対1のマンツーマンレッスンが受けられるので、非常にコストパフォーマンスに優れていますよ。

生活費

1か月の生活費にかかるお金は以下のとおりです。
滞在費(寮費) なし
食費 なし、もしくは土日のみ
光熱水費 1,000円-3,000円

フィリピンの語学学校の多くが、学校が運営する寮をそれぞれ保有しています。よって、一般的に外国人留学生は寮生活を送ることになります。そのため、滞在費(寮費)や食費は学費に含まれるケースがほとんどです。
寮費は部屋の種類によって多少前後します。例えば、1人部屋なのか複数人でシェアするタイプなのかで学費が変動するようなイメージです。必ず寮に入らなければならないわけではなく、中にはホテルやコンドミニアムを紹介してくれるパターンもあります。その場合は、別途滞在費が発生します。食費に関しても、学費に含まれていることが大半です。平日のみのサービスとしている学校では、土日のみ自分で用意するか、もしくは別途費用がかかることもあるので確認が必要です。

その他の費用

その他に支出が想定される費用は以下のとおりです。
渡航費(航空券) 4万-8万円
海外保険料 5,000円-2万円
ビザおよび外国人登録証 1か月以内短期間の場合のみ不要(31日を超える場合は取得が必要)
お小遣い 3万-5万円
就学許可証 約2万円

航空チケットはシーズンにより大きく変動しますが、平均で7万円前後かかります。最近はLCCが多く発着しているので、前もって用意することで安いものが手配できます。海外保険や現地でのお小遣いに関しては、滞在期間とライフスタイルにより大きく変わります。勉強以外にも、週末のレジャーや小旅行などを充実させたいのであれば、多いに越した校はないでしょう。ビザや登録証に関しては、種類によっては日本で用意しておかなければならない書類もありますので、入念にチェックしておきましょう。基本的に1か月以内の短期滞在であれば、通常の海外旅行と同様に観光ビザのみで大丈夫ですので、気にする必要はありません。

フィリピン留学での学習のポイント

留学をより実のあるものにするために、学習において気を付けるべきポイント2点ご紹介します。

事前学習を必ずしておく

フィリピン留学_学習_ポイント
まずは事前学習をできる限りやっておくことが重要です。全くの初心者の場合、フィリピン留学のメリットであるマンツーマンレッスンが仇となり、講師の話す英語が理解できずに失敗に終わってしまうことが考えられます。最低レベルの英文法や英単語に関しては、日本でしっかりと学習してから渡航しましょう。学校で使う教材は当然ですが日本語による解説はついていません。必要であれば普段使いの参考書なども持参しましょう。

インプットだけではなくアウトプットも重要

語学学校での授業を受けただけで英会話が上達するわけではありません。マンツーマンレッスンでは1日に5~6時間ほどのボリュームがあります。しかしインプットのみに力を入れていると、できる気になってしまっているだけの可能性があります。
よく聞く失敗例が、帰国後のTOEICなどの試験で点数が伸びていなかったというケースです。講師だけでなく現地の生活においては、積極的に英語を使うようにします。アウトプットすることも忘れずに、勉強した英語を現地で実際に使うことも大切なことです。

TOEIC対策に強い語学学校

ここからは目的別におすすめの語学学校を紹介していきます。まずは「TOEIC」対策に強い学校です。

SMEAGキャピタル

フィリピン留学_TOEIC対策_強い学校

おすすめポイント

◆1日10時間レッスンのスパルタコース
◆韓国資本の学校で、日本人以外の外国人生徒の比率が高い
◆学校がセブ島唯一のTOEICとTOEFLの試験会場に指定されている
◆高級住宅地にあるため、治安が良さが評判
学校自体がTOEIC試験の会場に設定されているため、TOEICのスコアアップを目指す人にとっては大変便利です。学習面以外にも、敷地内に美容室やマッサージ店など魅力的な環境が揃っています。特に、健康面のサポートは充実しており、医師による診察が毎週受けられます。

English Fella2

フィリピン留学_TOEIC対策_強い学校

おすすめポイント

◆セブ島の中心地からは少し離れており静かな地域にある
◆平日の外出を禁止するほどの徹底したスパルタ環境
◆講師の質の高さが評判で、魅力的なカリキュラムに定評がある
◆敷地が広大で、ジムやプールが利用できる
English Fella2はセブ島の郊外にある人気校の1つです。徹底した勉強空間の提供に定評があり、講師のクオリティが高いことで有名です。TOEICに特化した専用コースもあり、生徒の要望に合わせて柔軟に対応してくれます。

CIA

フィリピン留学_TOEIC対策_強い学校

おすすめポイント

◆2003年の設立で実績のある老舗学校
◆韓国系の学校であり、日本人よりも韓国や台湾からの生徒が多い
◆セブ空港から近く、立地条件が最高
◆敷地内にプールやバスケットボールコートがある
CIAでも通常のコース以外に、TOEIC試験対策コースを選択できます。毎週テストを実施し、3か月以内のスコアアップを保証しています。短期間で確実にレベルアップを目指したい方にはは特におすすめの学校です。またショッピングモールが近くにあり、生活面でも安心できますよ。

TOEFL対策に強い語学学校

続いては「TOEFL」対策に強い学校の紹介です。

CPI

フィリピン留学_TOEFL対策_強い学校

おすすめポイント

◆2015年設立のため、施設が新しい
◆ホテルのようなリゾートをコンセプトにした空間づくり
◆韓国資本のため、スパルタの学習カリキュラムで確実にレベルアップできる
◆短期集中プログラムがある
◆日本人職員が常駐している
比較的新しい学校で、全校生徒300名前後の大規模で知られています。基本的に平日の外出が禁止されていますが、敷地内の施設が充実しているため生活に支障はありません。むしろ集中して勉強できる環境ですので、TOEFLのような専門的な内容を学習するにはぴったりです。

CPILS

フィリピン留学_TOEFL対策_強い学校

おすすめポイント

◆セブ島で最も古くからある老舗
◆ネイティブスピーカーの講師の数が多い
◆講師とのお出かけ時間がある
◆季節ごとのイベントやアクティビティも豊富
CPILSはセブ島一の実績を誇る老舗学校です。TOEFLコースでは、1日10時間以上の勉強時間を確保できるので、確実なスコアアップが狙えます。実際の大学の授業を意識したカリキュラムに定評があり、論文対策などもバッチリです。

GENIUS

フィリピン留学_TOEFL対策_強い学校

おすすめポイント

◆人気のリゾート地マクタン島の海沿いにある
◆ヨーロッパからの留学生が多いので、国際交流に期待できる
◆フィリピン教育庁の認定を受けている
◆ビーチが近くマリンアクティビティが手軽に体験できる
GENIUSはビーチリゾートにある語学学校です。勉強とプライベートをメリハリをつけて両立しやすい環境が整っています。またTOEFL対策を専門にした講師が在籍しているので、大学進学を考えている人には特におすすめです。

IELTS対策に強い語学学校

最後に「IELTS」対策におすすめの学校を3校紹介しますね。

SMEAGクラシックキャンパス

フィリピン留学_TOEFL対策_強い学校

おすすめポイント

◆生徒の70%がIELTSコースを選択するほど有名
◆自習室が24時間オープンしている
◆1-5人部屋を選べる学生寮
◆シェフが日本人と韓国人なので、食事も満足できる
SMEAGクラシックの特徴は何といっても「IELTSコース」です。ほとんどの生徒がこのコース目的のために入学しています。点数保証を謳っており、その授業内容はアジアで最高評価を受けたほどです。IELTSのスコアアップが必要な方には、まず間違いなくおすすめできる学校です。

Baguio JIC

フィリピン留学_TOEFL対策_強い学校

おすすめポイント

◆敷地内のカフェでインターン体験が可能
◆キッチン付きのドミトリー
◆講師の8割が女性なので、女生徒から人気が高い
◆毎日ライティングのテストがある
IELTS対策コースは点数保証コースで、受講料は学校が負担してくれます。対策コースでは、スピーキングにも力を入れており、プレゼンテーションなどに特化した授業が多いのが特徴です。

EV

フィリピン留学_TOEFL対策_強い学校

おすすめポイント

◆2017年に校舎を新築しており、清潔で最新の設備
◆セブシティの中心に位置する最高の立地
◆フランス人経営でヨーロッパからの留学生が多い
◆講師はすべて正社員で、トレーニングに力を入れている
セブ島の中でも特に治安の良いとされる「ITパーク」の近くにある学校です。講師の質が高く、厳しいトレーニングをクリアした先生しか在籍していません。IELTSコースでは、4技能をバランスよく学習し、テスト後のフィードバックが特徴的です。モチベーションの維持がしやすいと生徒の満足度が高いポイントなっています。

セブ島留学ならフィリピン留学センター

フィリピン留学センター_セブ島
留学をするのであれば自力で手続きを行うのではなく、サポートをしてくれる会社を選ぶほうが効率的です。セブ島に留学をするのであれば、「フィリピン留学センター」に相談をしてみてはいかがでしょうか?

店舗情報

フィリピン留学センターは日本国内では東京本店の他に、大阪支社と名古屋支社があります。

東京支店

東京都渋谷区渋谷2-16-5 マニュライフプレイス渋谷12F

大阪支店

大阪府大阪市北区梅田2-6-20パシフィックマークス西梅田5F


名古屋支店

愛知県名古屋市中区錦1-10-9 BFS伏見6F


フィリピン留学センターの特徴

フィリピン留学センターでは渡航前に英語のレッスンが無料で受けられたり、学校選びや学校への申し込みなどの手続きなど、留学のためのサポートを無料で行ってくれます。そのため、フィリピンへの留学実績は日本一となっています。

お問い合わせ

留学にいくらかかるかの見積もりを無料でしてもらえるお問い合わせや、フィリピンに留学するための相談が出来る無料カウンセリングの予約はフィリピン留学センターのホームページから行う事ができます。

また、フィリピン留学の説明会を定期的に行っているのですが、その予約もできます。


どんな学校に入学すればわからない、という人のためにホームページ上で学校診断もできるので、留学を考えている方は一度試されるとよいでしょう。


入学したい学校が決まっている場合は学校の申し込みをすることも可能です。

フィリピン留学のご相談はこちら

0120-4192-09

営業時間10:00~20:00(月~金) メール受付は24時間対応
    10:00~19:00(土日祝)

フィリピン留学センターが選ばれる12の理由

  • 1

    渡航前の無料
    英会話レッスン

    受け放題
    !

  • 2

    安心の
    2ヵ国留学
    サポート

  • 3

    最低価格保証

  • 4

    クレジット
    決済可能

  • フィリピン+もう1カ国!2ヶ国語留学スペシャル特典!
  • ネイティブ講師による無料英会話レッスンプレゼント中!
  • フィリピン留学・セブ留学のお役立ちコラム
  • フィリピン・セブ島留学体験談