フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間 10:00~20:00(月~金)
     10:00~19:00(土日祝)
  • フィリピン留学センターのtwitter
  • フィリピン留学センターのfacebook
  • フィリピン留学センターのインスタグラム

フィリピン留学の気になる実態を解説!参考になる体験談も多数紹介

今回はフィリピン留学の体験談を紹介します。実際にフィリピンに留学した人の声を元にしてフィリピンでの生活や英語学習の成果まで幅広くお伝えしていきます。フィリピン留学を検討している人におすすめの記事です。
フィリピン_体験談
「フィリピン留学を考えていて体験談を知りたい…」
「フィリピン留学に行ってどういったことを学んだのか知りたい…」
フィリピン留学の情報はいろいろありますが、実際の体験談は気になりますよね。本記事では体験談を元にフィリピンの実態やフィリピン留学でよくある失敗を紹介します。ぜひ、たくさんの体験談を読んでフィリピン留学を考える参考にしてください。

フィリピンの実態

フィリピン_実態
「フィリピンって人も怖そうだし、治安悪そう…」
「フィリピンは何もなさそうだけどしっかり生活できるのかな…」
フィリピンに対するイメージは人それぞれだと思いますが、留学するにあたっては不安な人が多いと思います。しかし、実際に行ったことがない人も多いと思うのでフィリピンの実体を以下の3点にわけてお伝えしていきます。

発展途上国

治安が良くなってきている

フィリピン人の人柄の良さ

発展途上国

フィリピンには先入観で発展していないイメージがありますが、だんだんと発展しています。大きなショッピングモールやコンビニがあって生活に困ることはありません。コンビニではセブンイレブンが多く、ポカリスエットやヤクルトなどの日本でおなじみの商品も置いてあります。
都会では飲み屋があって夜の街を飲み歩くこともできますし、クラブもあるので遊びにも困りません。もちろんシャワーやネット環境など日本と比べて劣っている部分はありますが、許容できる範囲なので生活するには充分です。生活も遊びも今のフィリピンは意外に発展しています。

治安が良くなってきている

フィリピンの治安は近年良くなってきています。2016年にドゥテルテ大統領が就任し、麻薬の売人やマフィアの殲滅作戦をはじめました。批判もありましたが結果的にフィリピンの治安は改善傾向にあります。日本人や日本人以外の観光客、海外からの投資も徐々に増えているので発展が進んでいます。今では個人で注意すれば大丈夫です。
◆ガイドブックを開きながら歩かない
◆高級そうなものを持たない
◆ストリートチルドレンに近づかない
◆夜、一人で歩かない
◆食べ物をもらわない
◆持ち物に常に注意する
フィリピンの治安は改善してるとはいえ、以上のようなことには注意しましょう。

フィリピン人の人柄の良さ

日本では忙しくて心に余裕がない人が多いように思えますが、フィリピン人は余裕があり、雰囲気も明るく優しい人が多いです。また、ゲイなどの個性を持っていてもお互いが認め合える環境があります。「語学学校で仲良くなれば自宅でフィリピン料理をふるまってくれたり、家の周りを紹介してくれたり、日本人同士のような良い関係ができた」という体験談も多く、フィリピン人は親しみやすいです。

フィリピン留学に向いている人と向いていない人

フィリピン_留学_向いている_向いていない
続いて、フィリピン留学に向いている人と向いていない人の特徴を紹介します。自分自身で持っている留学に行きたい条件と照らし合わせてみてください。

向いている人

以下のような人はフィリピン留学に向いています。
◆出来るだけコストを抑えて、英語力を上げたい人
◆生活基準をあまり気にしない人

フィリピン留学の最大のメリットはコストを抑えて英語力を上げられることです。欧州の留学と比べて平均で20万円は安くなります。しかし、設備は日本と比べて劣っているので生活水準を気にする人には苦しい環境かもしれません。フィリピン留学は生活水準を少し下げてもコスパよく英語を学びたい人に向いています。

向いていない人

以下のような人はフィリピン留学に向いていません。
◆ネイティブな英語を学びたい
◆日本と同じ生活水準で留学を考えている

フィリピン人以下のような背景があるので、英語力がかなり高いですが、ネイティブではありません。
◆学校教育が英語で行われる
◆植民地としての期間が長い
◆英語ができると仕事を見つけやすい
◆英語表記が多いので読めないと生活に支障がある
フィリピンは小学校から教育が英語で行われます。3歳ぐらいから英語を学びはじめることもあり、英語力がかなり高い人が多くなってます。
さらに、語学学校のフィリピン人講師は大学では英語の教え方を習っているので、英語を教えることにおいてプロです。しかし、ネイティブというわけではないので、英語力に自信あり本場の英語を学びたい人には向いていません。また、インフラがまだまだ整っておらず雨が降ると洪水や断水が起こることもありますし、ネット環境も良いとは言えません。発展してきているとはいえ日本と同じ生活水準を求めるのは厳しいです。

フィリピン留学でよくある失敗

フィリピン_留学_よくある_失敗
次にフィリピン留学でよくある失敗をお伝えします。
語学学校にはマンツーマンレッスンやスパルタコースなどの教育システムが充実しているので安心しがちです。よくある失敗を紹介するので繰り返さないようにしましょう。

マンツーマンコースでの失敗

マンツーマンコースでは授業を入れすぎて、予習復習をする時間が充分にとれなかったという失敗が多いです。確かにマンツーマンでの授業は質問もしやすく、講師と英語で話す機会が圧倒的に多いので英語力が伸びやすくなります。しかし、授業にばかりに気をとられてしまって予習や復習をおろそかにすると学習内容が定着しません。日本での授業でも留学でも予習復習は大切なので、リラックスする時間、予習復習の時間も考えて授業をとるようにしましょう。

スパルタコースでの失敗

スパルタコースでのよくある失敗は受け身の学習姿勢になってしまい主体的に勉強する姿勢がなくなってしまったというものです。語学学校では外出禁止などのルールが厳しいスパルタコースと少しゆるめのコースがあります。スパルタコースは厳しい環境で自分を追い込んで勉強するスタイルで、普通のコースより英語力が伸びそうですが目的によってはそうとは限りません。
具体例としては、「最初はやる気があったが勉強しすぎていつの間にかやらされてる感が強くなった結果、他の留学生が遊んでいる様子を見て不満を感じることがあった。」「宿題で自習室にこもりすぎて街での英会話を楽しめなかった。」などです。特にスピーキングは、「学ぶ→街で使ってみて伝わるか試す→学ぶ」というサイクルでの学習が大切です。
「スパルタコースを選択したのに結局実践で使える英語が身につかなかった…」ということにならないように、スパルタコースを選択する場合は短期間だけにしたり、外出できるときは街で英語を使ってみたりと工夫が必要です。

フィリピン(セブ島留学)の体験談

フィリピン_セブ島_体験談
続いて、フィリピン留学の体験談を留学した期間に分けて紹介します。体験談の一部のみ本記事で引用しお伝えするので、気になる体験談は詳しく読んでみてください。

1週間の留学の場合

留学を終えて、英語力の伸びは感じていますか。1週間の中でよく出てくる単語や表現というのがいくつかあり、身をもって習得できた感覚はありました。もちろん1週間では物足りないのが本音です。最低1ヶ月、可能であれば3ヶ月かな、といった感覚を持ちました。また機会があれば行きたいと実感できたので、留学の導入としてはとても良い機会でした。
◆引用元:EV Academy体験談
滞在先はいかがでしたか。4人部屋で、全員日本人だったので初めは残念に思いましたが、結果として、色々と情報をもらえたので安心できる環境でした。施設はとても綺麗です。自習室もしようできてありがたかったです。空港送迎もとても親切に対応していただきました。日本人スタッフの方もとても親切で安心でした。
◆引用元:EV Academy体験談

1ヵ月の場合

SMEAG クラシックはいかがでしたでしょうか?SMEAGでの生活が早くも終わってしまいました。4週間のみでしたが、ここでの生活は収穫がたくさんあるかけがえのない4週間でした。
来たばかりの頃は慣れない英語での生活、フィリピンと日本との生活習慣の違い、食事などたくさんのことに慣れるのに必死でした。勉強面でも英語で言いたいことが言えない、聞き取れなくて苦労しました。ですが、SMEAGのスタッフをはじめ、先生や友達に助けられながらどんどん慣れて生活することができました。ここでの4週間の生活は実りのある4週間でした。IELTSに関しては毎週行われるマークテストで成績が上がるのを実感しました。日常生活での会話もここでの生活を通して慣れてきました。勉強以外にも、日本では絶対できないアクティビティはもちろん、たくさんの国の友達を作れたことはわたしのかけがえのない思い出となりました。フィリピンの中でもSMEAGを選んで本当によかったです。またもう一度ここにきて英語を学び、よりたくさんのことを経験したいです。
◆引用元:SMEAGクラシックキャンパス体験談

1ヵ月の場合(+3ヵ月ニューヨーク)

留学前、何をしたらいいわからないという方は、少しでも単語を覚えておくことをおすすめします!
そして可能な限り多くの人に2ヶ国留学をおすすめしたいです。それもフィリピンとNYのように環境の全く違う国へ。新しい発見も多いですし、日本の良さや日本人の弱点など、色んなことを見直すきっかけになり、語学だけではなく多くのを得ることができます。また同じ国に半年いるよりも違う国に3カ月ずつ行った方が、語学力UPにもメリットは多くあると思います。例えば(1)短いスパンで具体的な目標がたてやすい (2)国が代わることで一度気持ちもリセットできる などです。実り多き留学生活になりますように・・☆
◆引用元:2ヵ国留学スペシャルインタビュー

フィリピン留学で得られるもの

フィリピン_留学_得られるもの
フィリピン留学で得られるものは様々です。実際の体験談を元にして3つピックアップして紹介します。留学後の自分の未来をよりイメージできるように体験談を詳しく見ることもおすすめです。

英会話スキルがあがった

大きな学校のため日本人だけではなく100人以上友達ができました。
今でも韓国、台湾、ベトナム、訪れた際は友達会いますし、彼らが日本にきた時も絶対に会います。
こんなに友達ができたのも先生、運営を含めた体制が素晴らしいおかげですし、大きな学校だからだと思います。
気になる英語ですが、大学入試を経験した方なら私のように半年もかからず話せるように絶対になります。
私の場合高校入試も大学入試も受けていないので半年かかりましたが。。。
3ヶ月以上行った方が話せなかったなんて話を聞いたことがありませんし、パインスを卒業して他国にワーホリ、留学に行く友達が多かったんですが、100人にどこが一番英語(リスニング以外)が伸びる?って聞くと絶対にパインスと答えます。ここの学校にしておけば安心して英語を習得できると思います。

TOEICの点数があがった


今回私はTOEICの試験対策のスパルタコースに参加しました。フィリピンということで環境や食事、治安などの心配もありましたが、自分が気を付けていれば何の問題もありませんでした。また、留学をして遊んでしまったり、日本人で固まって何も身につかなかったということにならないかというのも不安要素としてありましたが、そこは自分の意識の問題もあると思いますが、義務自習等が設けられており、勉強に集中する環境は最高に整っていたと思います。

かけがえのない友人ができた


友達作りにはとても良い環境でした。グループクラスや学校のアクティビティで国籍関係なく、お互いの文化なども話せました。スパルタキャンパスではありますが、比較的ゆるいです。。! 個人の目的によって、ある程度日本でどう過ごすか決めて生活すると良いです。wifiはあまり期待しないほうがいいです。学校のをかりていました。

セブ島の語学学校での体験談

続いてはセブ島での2つの語学学校と口コミを紹介します。実際に留学した人の声を参考にぜひ自分の留学目的とあっているのか確認してみてください。

C2 Ubec/シーツ― ウベック

C2 Ubec
2013年にフィリピン政府公認で設立されたC2 English Academyと韓国資本で10年以上の歴史があるUbecを合併してC2 Ubecとなりました。日本人だけでなく東南アジアの留学生も募集している日系の語学学校です。
以下のような口コミがあります。
c2ubecが私にとっての初めての留学だったので緊張しましたが、上手く馴染むことが出来ました。
比較的安全な場所にある学校のため、夜間に外がうるさくて眠れないということや知らない人間が入り込んだりということはありませんでした。
設備は生活するのには不自由しない程度に広く、プールとジムもついているので
快適でした。
アジア圏の生徒が主で特に日本人の生徒が多いので初めての方にも親しみやすいと思います。
初めての留学かつ英語が苦手でしたが、あっという間の10週間でした。平日はレギュラー授業の他に朝と夕方のオプショナル授業があり、夜22時から単語テストもあります。そのため平日はひたすら英語にフォーカスしていました。
土日は少し遠出して海に行ったり、市内で買い物したりとリフレッシュ出来る環境も揃っているので、ストレスフリーで過ごすことができます。勉強メインだけどたまには遊びに行ける環境も周りにあってほしい人には最適な学校だと思います!

CIJ クラシックキャンパス

CIJ
CIJ クラシックキャンパスは英語コミュニケーションの能力に特化しているのが特徴です。マンツーマン授業で一人一人の学習能力に合った英語を勉強し、多くの国からの留学生と生活することで自然に英語力を伸ばすことができます。さらに、ショッピングモールなどのアクセスが便利で、警察署が近くにあるので治安も良く安心です。
以下のような口コミがあります。
あらゆるところで見るこの学校の口コミどおりで、とにかく綺麗にされている学校です。
生徒さんの雰囲気は、主に若い人で構成されているわりに静かというか、おとなしい。
校則が結構細かく、そのせいがあるのか。私には苦がなくむしろ静かでいいのですが、無断外泊やカーフューを破ると結構シリアスな対応をしているようです。
先生は良い雰囲気。授業も変更希望があれば変えてくれますが、変える申請をするときにくじを引ける。どういう事かというと、変える相談をする順番をくじで決めてくれるのです。なので、ある意味公平。先着順でもいいかと思うのですが、授業のある人にとっては不利ですから。
食事は韓国料理が半分以上を占める感じです。苦手な人もいるかもしれません。
ただ、私見ですが、辛過ぎたり匂い過ぎたりして食べられないような物はありません。
私は使わないのですが、プールやトレーニングジムやサウナが結構自由に使え、いい感じです。
表通りまで少し歩きます。近くにはこちらも少し歩きますがスーパーマーケットやコンビニがあります。不自由はないかな。レストランやパン屋なんかもあります。
淡泊に留学して、静かに勉強に集中したい人にはいい学校だと思います。
とにかく何から何までかなりきっちりしている学校だと思います。
校則も守らないといけないし、外泊等もある程度制限がありますけど、学校や寮の掃除なんかはあり得ないほどきっちりしてあります。やりすぎなくらい。
色々と決まりも守らないといけませんが、別に息苦しいような感じでもなく、無断欠席や門限破りだけ気を付けていれば不自由はありません。
韓国の人がオーナーのようで、ご飯は韓国料理系が多かったです。あり得ないほど辛いとかは無いですが、多少スパイシーな食事が多いです。自分は味はいい方なのかなと思いましたが、中にはあまり合わないという人もいました。ただ、ここの便利なところは、やろうと思えば外食だけでなくて自炊も出来る所です。部屋にバッチリなコンロや流し、オーブン、冷蔵庫が完備してありました。ということで、食事の心配もそれほどないかなと思います。
先生は、多分ほかのフィリピン語学学校とそれほど変わりないですが、結構決まりを守らされているような感じで、自分たちから見てもしっかりした人たちでした。全部の先生の事は知りませんが、いわゆる、変な、いい加減な先生はここには多分いないです。
きっちりしてると言っても、勿論、皆フレンドリーで楽しい人達でした。
アクティビティーといって課外活動的なものがありますが、授業の中で金曜少しだけそういう感じのものがあるのと、週末は希望者だけグループでツアー(有料)を準備してくれたりしますが、8人集まらないとやってくれないのでそこがネックでした。皆自分たちで自由に出かける方が多く、この週末のツアーは実際ほとんど行われていなかったのがもったいなかったです。
コンビニ、スーパー、レストラン、マッサージSPA、あとジプニーの路線2つが少し歩いたところにあるので立地もいいと思います。アヤラ、SMも遠くなく、タクシーで10分から20分くらいです。この近くのSPAは、学生のIDをみせると割引がありました。
日本人経営でないので、日本人学生がそれほど多くなく、他国の学生と話すには自動的に英語を使うしかありませんでした。これがまたよかったです。準備された授業とはまた違って、自分の言いたいことをその場で英語で考えて喋るっていう訓練が、多少ですけど出来たかなと思います。
まとめると、しっかりとして部屋の素晴らしい、かなりいい学校だと思います。

留学する前に自分の学習に合った学校を選ぼう

最後に、自分に合った語学学校を選ぶポイントをお伝えします。留学期間を有意義に過ごすためにはコース選びや目標設定が大切です。

自分にあったコース選びが大切

フィリピン_留学_学校選び
英語の中でも、どの能力を伸ばしたいのかによっても選ぶコースは変わります。例えば、スパルタコースではかなりの勉強量になるのでライティング、リーディング、リスニングはかなりの伸びが期待できます。しかし、スピーキングに関しては「実際に街へ出て会話する時間がとれず、英語での会話があまりできるようにならなった」という声もあります。
◆英語で会話ができるようになりたい
◆TOEICの点数を上げたい
◆勉強より思い出作りが重要
上記のようにそれぞれ重要な目的があるので、留学に行くときは自分に合ったコースを選びましょう。

どれくらいのレベルまで英語を上達させたいのか決める

英語をどのレベルまで上達させたいのか目標を決めておきましょう。全く英語ができなくて1から英語を勉強したい人とすでに英語はある程度話せるけれどネイティブの英語を学んで極めていきたい人では適切な留学先も留学期間も違います。
◆留学して英語を勉強する目的…英語での会話、TOEICの点数、ビジネス英語など
◆どのレベルまで伸ばしたいか…日常会話ができるレベル、TOEIC800点など
留学のメリットを最大限に活かすためにも、上記の2つを決めてから留学先を選んでいきましょう。

関連記事:最適なフィリピン留学の期間について知りたい方はこちら

関連記事:フィリピン留学でおすすめの語学学校について知りたい方はこちら

関連記事:フィリピン留学で準備するべきものについて知りたい方はこちら

セブ島留学ならフィリピン留学センター

フィリピン留学センター_セブ島
留学をするのであれば自力で手続きを行うのではなく、サポートをしてくれる会社を選ぶほうが効率的です。フィリピンに留学をするのであれば、「フィリピン留学センター」に相談をしてみてはいかがでしょうか?

店舗情報

フィリピン留学センターは日本国内では東京本店の他に、大阪支社と名古屋支社があります。

東京支店

東京都渋谷区渋谷2-16-5 マニュライフプレイス渋谷12F

大阪支店

大阪府大阪市北区梅田2-6-20パシフィックマークス西梅田5F

名古屋支店

愛知県名古屋市中区錦1-10-9 BFS伏見6F

フィリピン留学センターの特徴

フィリピン留学センターでは渡航前に英語のレッスンが無料で受けられたり、学校選びや学校への申し込みなどの手続きなど、留学のためのサポートを無料で行ってくれます。そのため、フィリピンへの留学実績は日本一となっています。

お問い合わせ

留学にいくらかかるかの見積もりを無料でしてもらえるお問い合わせや、フィリピンに留学するための相談が出来る無料カウンセリングの予約はフィリピン留学センターのホームページから行う事ができます。
また、フィリピン留学の説明会を定期的に行っているのですが、その予約もできます。
どんな学校に入学すればわからない、という人のためにホームページ上で学校診断もできるので、留学を考えている方は一度試されるとよいでしょう。
入学したい学校が決まっている場合は学校の申し込みをすることも可能です。

フィリピン留学のご相談はこちら

0120-4192-09

営業時間10:00~20:00(月~金) メール受付は24時間対応
    10:00~19:00(土日祝)

フィリピン留学センターが選ばれる12の理由

  • 1

    渡航前の無料
    英会話レッスン

    受け放題
    !

  • 2

    安心の
    2ヵ国留学
    サポート

  • 3

    最低価格保証

  • 4

    クレジット
    決済可能

  • フィリピン+もう1カ国!2ヶ国語留学スペシャル特典!
  • ネイティブ講師による無料英会話レッスンプレゼント中!
  • フィリピン留学・セブ留学のお役立ちコラム
  • フィリピン・セブ島留学体験談